【乾燥肌対策】肌からの水分の蒸発を抑えられる加湿器の効果とは?

投稿日:2020年12月11日

【乾燥肌対策】肌からの水分の蒸発を抑えられる加湿器の効果とは?

投稿日:2020年12月11日

空気が乾燥する季節は、乾燥による肌のかゆみやカサカサになったりなど肌トラブルが起こりやすくなります。また、季節に関係なく職場や家庭でエアコンが使用されていることによって、エアコンからの風を受けていると肌はどんどん水分を蒸発させてしまい乾燥してしまいます。

そこで、肌からの水分の蒸発を抑えるために効果が期待できるのが加湿器を使用することです。

加湿器にはどんな種類があるの?

室内に適度な湿度を補ってくれる加湿器は、さまざまな種類の加湿器が店頭に並んでいますが、たくさんの種類があるためどのタイプの加湿器がいいのか悩んでしまいます。

加湿器の湿度設定は、ウィルスなどの飛散を抑えたり室内が快適に感じるのに55~60%が理想的だと言われています。そのため、加湿器を使うことによって風邪やインフルエンザの予防、肌トラブルを予防する効果が期待できます。

そこで、加湿器を選ぶときにどのような種類のものがあるのかを紹介しますので、購入するときの参考みしてみて下さい。

スチーム式

加湿器内に内臓されているヒーターで加熱して水蒸気を発生させ、短時間で一気に広範囲を加湿することができるパワフルな加湿器です。
加熱するので加湿器内部の雑菌が繁殖しにくいので手間がかかりません。
しかし、加熱させるため加湿器の吹き出し口が熱くなっているので、特にお子さんがいるご家庭では安全性が配慮されているものを選ぶと安心です。

気化式

フィルターに水を含ませてファンで風を当てることで水分を気化させるので、水分の蒸発は非常にゆっくりです。
雑菌が増えやすい環境なので、定期的なフィルターの清掃や交換が必要です。また、大型モデルの加湿器ほどファンの音が大きくなるので、音が気になる方は音の大きさを確認しておくことをおすすめします。
加熱しないので加湿器の吹き出し口が熱くならないので、お子さんや高齢者がいるご家庭でも安心です。

超音波式

リーズナブルでおしゃれなインテリアにもできるものがたくさんあり、水に超音波の振動を与えることで霧のような小さな粒子を噴出させ、運転を始めてからすぐに加湿を始めることができます。
しかし、加熱なしでフィルターも使用しないので雑菌が繁殖しやすく、こまめにタンクを洗浄することが必要です。
また、水道水に含まれているカルキなどが乾燥すると白くなってしまうことがあるので、加湿器周辺を気がついたときに拭くようにしましょう。

ハイブリッド式

加熱気化式
気化式加湿器とヒーターを組み合わせたタイプで、フィルターに水を含ませてファンで風を当てることで水分を気化させるのを、ヒーターで温めた風にしてより効率的に加湿します。
ただし、フィルターをこまめに手入れをしないとカビが生えてしまうので注意が必要です。

加熱超音波式
超音波式加湿器とヒーターを組み合わせたタイプで、通常は水に超音波の振動を与えることで霧のような小さな粒子を噴出させるのを、ヒーターで温めたお湯を使用するので雑菌の繁殖を抑える効果が期待できます。
ただし、加熱した水を霧状にして放出するので窓などに結露ができやすく、置き場所を考えないと周囲に置いているモノが濡れてしまうことがあります。
また、雑菌の繁殖を抑える効果はありますが、お手入れをしないでいると内部に雑菌やカビが発生することがあるため、2週間~1ヶ月に1度程度は清掃することが必要です。

加湿器を選ぶポイントとは?

加湿器にはいくつかの種類がありますが、加湿器を選ぶときには確認するべきポイントがあります。

1⃣適用床面積
加湿器の加湿能力は製品によって違うので、日本電気工業会規格に基づいて各メーカーが設定している目安である「適用床面積」を確認しましょう。
「木造和室5畳、プレハブ洋室8畳」のような表示がされているので、加湿器を設置したい部屋の面積や畳数と照らし合わせて選びましょう。

2⃣タンク容量
1Lに満たないタンク容量のモデルから、10Lを超えるモデルまでたくさんの加湿器が販売されています。
タンク容量が大きいと一度にたくさんの水を入れることができるので、給水の手間を減らして長時間の連続運転をすることができます。
ただし、タンクが大きくなることで本体も大きくなり持ち運びが大変になります。
設置場所、給水の手間、部屋の広さなど確認してから購入しましょう。

水を入れるタンクはプラスチック製のものが多いのですが、最近はお湯を沸かすポットのようになってお手入れが楽なものもあります。

3⃣機能
加湿器にはさまざまな機能がついているので、それぞれのご家庭や環境によって必要な機能が搭載されているものを選びましょう。

・自動で快適な加湿をコントロールできる湿度センサーや室温センサー

・切タイマーで切り忘れを予防、入タイマーで帰宅時や起床時などに合わせてセットなど、効率的な運転を可能にするタイマー機能

・小さい子供やペットがいる家庭で、転倒や誤動作を防いで安心して使える、「チャイルドロック」や「マグネット電源プラグ」

・アロマオイルで加湿と香りを同時に楽しめる機能、イルミネーションでおしゃれな空間を演出などの便利な機能

・独自のイオン化技術で空気中の雑菌の繁殖を抑える効果が期待できる

まとめ

加湿器は室内の乾燥を防いでくれるので乾燥肌対策になるのですが、肌の乾燥を防ぐには加湿器だけでは肌トラブルを解決することはできません。

毎日の生活習慣が不規則な方は見直しをし、肌が乾燥しないような自分の肌に合ったスキンケアをすることも大切です。

また、空気が乾燥する季節は肌の乾燥だけではなく、のどの防御機能が低下して痛めてしまい、風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌に感染しやすくなるため、加湿器をうまく使って乾燥を予防して乾燥肌を改善していきましょう。