美容と健康に欠かすことができないビタミンCの効果とは?

投稿日:2020年11月27日

美容と健康に欠かすことができないビタミンCの効果とは?

投稿日:2020年11月27日

ビタミンCが美容や健康にいいということもあって、コスメやサプリなどビタミンCが入っているものはたくさんあるのですが、「肌にどういいの?」「体にどんな効果があるの?」「肌に塗った方がいいの?」「飲んだ方がいいの?」など、身近な成分だからこそなんとなくしか知らないという方もいるのではないでしょうか。

ビタミンCってどんな成分?

ビタミンCは化学名をアスコルビン酸(ascorbic acid)といい、1753年に英国海軍医師リンドによって、壊血病予防因子として発見されました。
人の体の生理機能を正常に保つために必要な成分であるビタミンは、体の中で作り出すことができないため、食事など体の外から摂取しなければなりません。

ビタミンは、水に溶ける水溶性ビタミンと油に溶ける脂溶性ビタミンに分けられ、現在13種類のビタミンが知られていますが、ビタミンCは水溶性ビタミンに含まれます。
ビタミンCは体内で生成することができません。また、熱に弱く、水に溶けやすいため尿と一緒にすぐに体の外に排出されてしまいます。

ビタミンCの主な働きとは?

1⃣美肌のもとであるコラーゲンを作る
体のタンパク質の1/3を占めている重要なタンパク質(アミノ酸)であるコラーゲンは、バラバラになっている細胞同士をつなぐ役割をしており、肌のハリ・つや・潤いを作り出し、軟骨組織や骨の密度、歯の生成や維持をしたり、血管を丈夫にして動脈硬化を予防するなどの働きをします。
ビタミンCは鉄と一緒に摂ることで、コラーゲンの生成に必要なビタミンCによってコラーゲンの生成がより促進され、肌の水分量が増えて肌の乾燥が改善され、肌が潤いハリが出てシワやたるみの改善が期待できます。

2⃣紫外線に負けない肌をつくる
紫外線など外的刺激によって肌の潤い成分がダメージを受けた肌は乾燥しています。ビタミンCは肌の中で常に理想的な水分量をコントロールするセラミド(細胞間脂質)の合成を促して強化してくれるので、肌のバリア機能や回復能力も高まるため、肌を健康な状態でキープすることができます。

3⃣ストレス解消の栄養素
精神的や身体的に大きなストレスを感じたときに、人間の身体は副腎からストレス対抗ホルモンを出して解消しようとするのですが、体内でストレス対抗ホルモンを生成する力が弱まっていると、体にさまざまな不調が出てきてしまいます。
ストレスに対抗する強い身体を作る栄養素として、十分なビタミンC、良質なタンパク質、パントテン酸(レバー、納豆、さけやいわしなどの魚介類、肉類、卵に多く含まれる)を摂ることで、ストレス対抗ホルモンを生成する手助けをしてくれます。

4⃣免疫力を高める
ビタミンCは、体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体を死滅させる白血球の働きを助ける作用があり、ビタミンCを摂取することで、小腸から吸収されて体のあちこちの組織へ運ばれる過程で血液中の免疫細胞を増やし、ウイルスや細菌などに対する免疫システムを強化して、不特定多数の病気を防ぎます。
ビタミンCが不足していると免疫が低下し風邪をひきやすくなるため、積極的にビタミンCを摂ることが必要です。

5⃣老化やガンの原因となる活性酸素を分解
ガンのさまざまな治療法の中の1つに超高濃度ビタミンC点滴療法があります。
超高濃度ビタミンCを大量摂取して、血管の外に滲み出たビタミンCがガン細胞に取り込まれる過程で、過酸化水素が発生することでガン細胞を殺していきます。
細胞内のエネルギー代謝を高めながら老化やガンの原因となる活性酸素を分解する療法です。

まとめ

ビタミンCはコラーゲンの生成に必須な成分ですが、残念ながら体内で生成することができません。また熱に弱く、水に溶けやすいため尿と一緒にすぐに体の外に排出されてしまいます。
そのため、ビタミンCを毎日1グラム摂取することが必要になってきます。

ビタミンCが多く含まれる食べ物を積極的に摂ることも大切ですが、1日1グラムというとレモン100個分以上必要になるため、サプリメントでの摂取がおすすめです。

ビタミンCを上手に摂取することで体の免疫力がアップし、風邪やウイルスから体を守ることができるので積極的に摂るようにしましょう。