簡単頭皮マッサージでたるみ予防も!やり方と効果とは

投稿日:2020年10月22日

簡単頭皮マッサージでたるみ予防も!やり方と効果とは

投稿日:2020年10月22日


美容院などで「頭皮が凝っていますね」と言われたことはありませんか?
頭の筋肉は、肩や首と同様に凝りやすい身体の部位の1つです。
しかし、自覚している方は意外と少なく、美容院などで指摘されて初めて気づく場合が多いようです。

知らない間に頭皮が凝り固まって、身体に不調をもたらしているかもしれません。
まずは、頭皮が凝っているかどうか、セルフチェックしてみましょう。

頭皮の凝りセルフチェック

これらの動きが出来ない場合は、頭皮が凝り固まっているサインです。

1⃣ 親指と人差し指で頭頂部の頭皮をつまむ
頭皮をつまめなかったら『頭皮の凝り』、つまめるが痛い場合は『頭皮のむくみ』です。

2⃣ 両手を開いて頭をつかみ頭皮を動かす
頭皮が動かないと『頭皮の凝り』、触った時にプヨプヨした感覚があると『頭皮のむくみ』です。

3⃣ 首をゆっくり回す・前後左右に倒す
血流が滞っていると、首を回しづらい方向があったり、ゴリゴリと音がします。
血行不良は頭皮の凝り・むくみの原因となります。

頭皮が凝る原因


✅ 長時間同じ姿勢での作業
✅ 頭皮の乾燥
✅ 運動不足
✅ 食生活の乱れ など

頭皮に限らず、血流が悪くなると筋肉は凝りやすくなります。
そのため、普段から肩こりに悩んでいるという方は頭皮も凝っていることが多いようです。
デスクワークが多く身体を動かす習慣があまりない方は頭皮が固くなっているかもしれません。

頭皮の凝りがひどくなると、眼精疲労や顔のたるみ、抜け毛や白髪にも繋がります。
凝りを感じたら早めのケアを心がけましょう。

頭皮マッサージが必要な理由

頭皮には「前頭筋」「側頭筋」「後頭筋」という3つの筋肉があり、その間には「帽状腱膜」という固い腱膜があります。
この3つの筋肉は元々凝りやすく、帽状腱膜は自分の力で動くことができないため定期的にマッサージなどで動かしてあげることが大切です。

頭皮のむくみが気になる時も、マッサージでリンパを流し余分な水分を排除することで頭や顔周りがスッキリします。

頭皮マッサージの効果

抜け毛や白髪などヘアトラブルの予防

頭皮が固くなっていると、毛根に栄養が届きにくくなり抜け毛などのヘアトラブルが起こりやすくなります。
ヘアトラブルが気になったら毎日のヘアケアと合わせて頭皮マッサージを行いましょう。

頭皮の血流をよくしておくことで毛根に栄養が届きやすくなり、強くキレイな髪を作ることができます。

首や肩の凝り、頭痛の解消

頭皮が凝っていると、肩・首回りの血流が悪くなり、肩こりや首こりの原因となります。
また、血流が悪くなることで緊張型の頭痛を引き起こしてしまう場合もあります。

頭皮マッサージで血行を良くすると、首や肩の凝りがスッキリと改善され、頭痛の解消にも期待できます。

顔のたるみ改善

頭皮と顔の皮膚は一枚で繋がっています。
頭皮が凝っていると顔の血流も悪くなるため、顔を引き上げる力が弱くなり、たるみの原因となります。

日頃から頭皮を柔らかくしておくことで、ほうれい線やたるみの予防ができます。
また、血流がよくなると肌の代謝が上がり透明感もアップします。

眼精疲労予防

頭を揉みほぐすことで、目の疲れも改善されます。
長時間パソコンやスマホ、テレビを見たときは頭皮マッサージをして目の疲れもスッキリ解消しましょう。

セルフ頭皮マッサージのタイミング

朝起きた時

朝起きて顔がむくんでいるという経験はありませんか?
寝ている間は血流が緩やかになるため、頭皮もむくみやすくなっています。

頭皮のむくみも凝りと同じように、放っておくと頭痛や顔のたるみなど様々な不調をもたらします。
顔のむくみを感じたら頭皮もむくんでいることが多いので、顔と一緒にマッサージで解消しましょう。

夜寝る前

1日使った頭皮の疲れはその日のうちに揉みほぐしておきましょう。
頭皮の凝りが解消されてリラックスすることで、睡眠の質を高めることができます。

また、お風呂上りの頭皮が柔らかくなっているタイミングでマッサージを行うのも効果的です。

セルフ頭皮マッサージのやり方

頭皮マッサージの準備

耳の前の部分を中指で軽く指圧しながら、上下に細かくこすります。
首の横から鎖骨にかけて血行を流すイメージで軽くさすります。

頭皮マッサージのやり方


1⃣ 耳の上部分に親指をおき、人差し指~小指までの四指は頭皮を包むようにおきます。頭皮全体を動かすようにくるくると30秒マッサージします。


2⃣ 耳の上部分に人差し指をおき、中指~小指をフェイスラインの生え際におきます。頭頂部に向かって移動しながら、また、頭皮を細かく動かしながら30秒マッサージします。


3⃣ 首の付け根の生え際に人差し指をおき、中指~小指を生え際に沿っておきます。少しずつ上にずらしながら、また、頭皮を細かく動かしながら30秒マッサージします。


4⃣ 最後に首の付け根のくぼみを親指で指圧します。ここは、眼精疲労の予防・改善に役立つツボなので日頃からパソコンやスマホを見る機会が多い方は重点的にマッサージしましょう。

頭皮マッサージをする際の注意点

頭皮マッサージをする時は、爪を立てず指の腹を使って指圧しましょう。
力の入れすぎや頭皮の擦りすぎは頭皮にダメージを与えてしまいます。

丁寧に、気持ちいいと感じる力加減で頭皮マッサージを行いましょう。

また、頭皮マッサージは短時間でも十分に凝りをほぐすことができるので長時間行う必要はありません。
起床時や就寝前など、短時間でもいいので継続して行うことが大切です。

ぜひ毎日のルーティーンに取り入れてみてください。