二の腕痩せ、簡単にできる?一緒に引き締めると効果的な場所

投稿日:2020年10月2日

二の腕痩せ、簡単にできる?一緒に引き締めると効果的な場所

投稿日:2020年10月2日

二の腕の太さが気になってしまう」という女性は多いのではないでしょうか?
体や顔はほっそりしているのに、二の腕だけが太く目立ってしまっている人も少なくありません。

柔らかい二の腕を触り、その部分が好きという男性も多いのは事実ですが、女性にとってはなかなか切実な問題になっているのではないでしょうか?

今回はそんな悩める二の腕の仕組みや、解消法を紹介していきます。

なぜ二の腕は太くなるの?

二の腕とは、肩からひじまでの部分を二の腕といいます。
この二の腕の太さに関係しているのが皮下脂肪とたるみです。

二の腕は大きく2つの筋肉「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」からできていますが、この筋肉の使い方の違いが二の腕の太さに関係してきます。

まずは「上腕二頭筋」は主に体側にある筋肉で、日常生活の中でも荷物を持つなどの動作によって使われているためあまり関係がありません。
問題は「上腕三頭筋」という背中側にある筋肉が、意識的に動かさないと使われない筋肉であるため、この筋肉の衰えが二の腕の太さに深く関係してくるのです。

この部分に皮下脂肪がついてしまい、二の腕の太さを左右してしまうほど「タプタプ」になってしまうのです。

男性ではあまり二の腕がタプタプしないのに、なぜ女性だけ?と思ってしまいますが、やはり皮下脂肪が付きやすいということも関係しているようです。

女性は皮下脂肪を蓄えやすいといわれていて、付いてしまうとなかなか落とすのが難しいといわれていて、プラス筋肉量が男性よりも少ないためどうしても二の腕に脂肪がつきやすくなり太さが出てしまうのです。

脂肪がつくのはやっぱりあれが原因!?

女性が脂肪をためやすいということはわかりましたが、実はそれだけではなく、脂肪といえばやはり深く関係するものの摂取があげられます。
ズバリ「スイーツ」や「おやつ」などの甘いもの=カロリーの高いものです。

一般的に女性はスイーツなどの甘いものに目がありません。
男性に比べて「デザートは別腹」というぐらいスイーツなどを食す姿が見られることが多いため、男性に比べてスイーツなど甘いものを食べることが多いかもしれません。

どうして女性は・・・と思うかもしれませんが、それには2つの理由があるといわれています。

女性ホルモン
女性ホルモンであるエストロゲンは血糖値が上がったときに、快楽などの良い気分になる物質が脳内に放出されます。
そのため血糖値をあげようと、女性はスイーツなどの甘いものを食べたいと考えるとされています。
またホルモンバランスによっては、血糖値が下がってしまう時期があるため、自然と欲求として甘いものが欲しいと感じてしまうのです。

自律神経
自律神経が乱れやすい女性は、空腹時の血糖値を上げる能力が低く結果甘いものが好きになるという結論につながります。
交換神経のスイッチが入りにくい女性は、甘いものを摂取することでそれをフォローして、逆に男性は交感神経のスイッチが入りやすいため甘いものをはじめ、食へのコントロールがしやすいとされています。

話が少し難しいほうへ向いてしまいましたが、女性はスイーツなどの甘いものを欲するのは仕方のないことなのかもしれません。
だからと言って、たくさんとりすぎてしまうことで、カロリーオーバーとなり、結果脂肪の蓄積へとつながってしまいます。
基本的には体脂肪の数値が大きい場合は二の腕も太くなってしまう・・・とつながっていると考えることもできるでしょう。

脂肪がタプタプ二の腕へと変身してしまうので、注意が必要です。

気になるもう一つの女性の二の腕が太くなってしまう原因とは

女性にと特化しているわけではないですが、比較的女性に多い原因として言われているのが、皮膚のたるみと筋肉の衰えです。

まずは皮膚のたるみ、これは圧倒的に老化現象が関係してきます。
10代や20代のときは皮膚にハリがあるため、ピンとしている二の腕部分(特に振袖部分)ですが、年齢とともにハリがなくなり、そして自然と皮膚がたるんでくることで下に垂れ下がったようになってしまい、結果振袖部分が出来てしまいます。

30代に入る頃には、この現象が進行していきやすい年齢となるので気を付けましょう。

そして皮膚と同じように、筋肉も緩んできてしまいます。
若いころは何も特別しなくても筋肉そのものにパワーがありましたが、その筋肉も30代頃にはゆるみたるみの原因となってしまいます。

女性は子育てにより二の腕に筋肉が付きやすい状態になります。

3kgを常に腕で抱き上げている状態、そして毎日のように継続されたら…どうなるか想像がつきますよね。
子育て中は子供を抱き上げることがよくあり、知らず知らずのうちにたくましい二の腕へとなっていることがよくあります。

しかし子育てが終了、またはさほど子供を抱き上げることが少なったときの二の腕はどうなっているか知っていますか?
つい全体の体系を見たときに気になってしまう部分は一生懸命努力をすることが出来るのですが、二の腕部分はつい後回しになる傾向のようです。

そのため二の腕の引き締めなどの対策はされず、今まで使われていた筋肉が付いたまま放置されることになるので、二の腕の太さはそのままに緩んでたるみへと変わってしまうのです。

もちろん男性でも同じことは言えますし、子育てだけではなく仕事やスポーツなどで使っていた筋肉が使われなくなることで同じような現象が起きます。

姿勢が二の腕の太さと関係があるって本当?

姿勢が二の腕の太さに関係あるなんて信じられませんが、大いに関係があることを知ってください。

二の腕の太さの原因になっているのがリンパの流れの悪さによるむくみです。
猫背の人や、巻き肩の人は鎖骨周辺や脇の下部分が常に圧迫されています。
圧迫されていることで、リンパの流れを悪くしているため毎日のようにリンパが滞ってしまい、老廃物がたまってしまいそのままむくみの元凶となり二の腕を太くしてしまいます。
実は気づいてない方がほとんどですが、二の腕もむくんでいることが多いんですよ。

また猫背の人や巻き肩の人は、背中が丸まっていて肩甲骨が横に広がってしまっています。

すると背中や肩の筋肉が緩んでしまい二の腕を支える筋力がなくなり、結果二の腕のたるみを招いてしまい太くなってしまいます。
現代人に多く、デスクワークやPC、スマホを使う機会が多くなったためといわれています。

太くなってしまった二の腕、どうしたら細くなる?

二の腕が太くなる原因について紹介してきましたが、残念ながらもう手遅れだわ・・という方もいるかもしれません。
太くなってしまった二の腕を何とか細くすることはできるのでしょうか?

ここではそんな方にも是非お勧めの、今からでも遅くない二の腕の太さ解消法を紹介します。

お手軽!毎日の続けてほっそり二の腕を手にいれる

ネット時代ということもあり、二の腕を細くするためのエクササイズは多く紹介されています。
一体どんなエクササイズをするのがベストであるか、悩んでしまうぐらいではありますが今回はそんな中、道具も何も使わず手軽にどこでもできる簡単なエクササイズを紹介します。

ジムなどで器具を使ってエクササイズをすることももちろんほっそり二の腕に近づけるとは思いますが、まずは何も使わずに簡単にという点にポイントを置いて紹介します。

腕くるくるエクササイズ

腕をくるくる回すエクササイズもたくさん様々な方法がありますが、その中でも効果に期待が出来るエクササイズを紹介します。

それは腕を下げて、少しだけ斜め後ろに引きます。
この時に無理はせず自分自身二の腕の外側に効果を感じることが出来る程度で大丈夫です。

そしてそのまま手で円を描くように外側から内側に向けてくるくると回します。
あまり小さな円ではなく、ゆったり円を描くぐらいでOKです。

手のひらは前に向けて軽くこぶしを作った状態で回すのが効果的です。

いきなり両腕で行うのが難しい場合や、じっくりエクササイズを行いたい場合は腕の付け根を片手で押さえて片腕ずつくるくるすることをおすすめします。

このエクササイズは立って行う場合は転倒しないように十分注意しながら、背筋を伸ばして行ってください。
座ったままで行う場合も背筋を伸ばしお腹周りを意識するといいでしょう。

意識をしたお腹周りと背中は、一緒に引き締め効果に期待が持てます。


一緒に行うことで上半身がすっきりします。

いかがですか?
これが最も簡単で、そして毎日いつでも続けることが出来るエクササイズなので、ほっそり二の腕を手に入れましょう。