肌のハリや弾力が低下してしまう!コラーゲンの糖化とは?

投稿日:2020年1月10日

肌のハリや弾力が低下してしまう!コラーゲンの糖化とは?

投稿日:2020年1月10日

20代、30代、40代と年齢を重ねていくたび、しっかりとお手入れをしているはずなのに、鏡を見ると肌のシワやシミ、肌もカサカサ、顔がくすんで暗く見えることが増えてきます。

若い頃のような潤いのあるキレイな肌にダメージを与えてしまう要因はたくさんありますが、肌のハリや弾力を保つコラーゲンが糖化するのもそのなかの1つです。コラーゲンの糖化は、年齢が若くても肌を老化させてしまう原因になってしまうため注意が必要です。

コラーゲンの役割って何?

私たちの体の約60%は水分で、残りの約20%がタンパク質、約15%が脂肪、約5%ほどがカルシウムなどの無機質でできています。
そして、人の体を作る全体の約20%のタンパク質のなかの、約30%を占めているのがコラーゲンです。

コラーゲンは、バラバラになっている細胞同士をつないだり、臓器のサポート、身体の組織や器官をあるべき位置に留めている成分で、皮膚には全体のコラーゲンの約40%が存在しており、肌のハリや弾力を与えて美肌を作り出しています。

人の皮膚の構造は、表皮 ⇒ 真皮 ⇒ 皮下組織という順になっていて、真皮の部分には肌の潤いやハリのもとになっている成分である、コラーゲンやエラスチンが網状になって肌を内側から支えています。

網状になっているコラーゲンやエラスチンの隙間を、たくさんの水分を保持しているヒアルロン酸が埋めつくしており、真皮は肌の潤いを蓄えておく役割を持っています。

この3つの潤い成分は、肌の潤いやハリを保つために真皮に存在している「線維芽細胞」によって生み出されます。しかし、年齢ととも線維芽細胞は衰えてきいき、コラーゲンを生み出す力は低下して減少してしまいます。そして、肌の土台が崩れて肌のハリや潤いが失われてしまい、シワやたるみの原因となってしまいます。

糖化コラーゲンの「糖化」ってなに?

白米や食パンなどの穀類、イモ類、お菓子や果物などの甘い食べ物などに含まれている「糖質」は、小腸で分解されてブドウ糖になり、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって細胞内に取り込まれ、体を動かすエネルギー源として使われます。

しかし、多くの糖質が含まれる食品を摂ったときに、インスリンの分泌量が少なかったり、インスリンの働きが悪かったりすると、インスリンの処理能力を超えてしまいブドウ糖が血液中にあふれて血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が上がってしまいます。

血糖値が高い状態が続くと、血液中の余分な糖と体内のタンパク質がくっついてしまい、AGE(Advanced Glycation End Products)という物質がつくられ、このような現象を糖化といいます。糖化が進んでAGEが増えてしまうと、シワやシミ、たるみなどの肌老化をスピードアップさせてしまうため、糖質の摂り過ぎには注意が必要です。

AGEが肌のコラーゲンにダメージを与える!糖化コラーゲンってなに?

体のエネルギーを作るために必要な糖質ですが、糖質の摂り過ぎ、加齢、紫外線、ストレスなどによって糖化が起こると、その一部が潤いやのある美しい肌を保つために必要な、皮膚内部にある真皮層の約70%を占める正常なコラーゲンと反応してしまい「糖化コラーゲン」となってしまいます。

糖化によって、バネのような構造をしているコラーゲン繊維のつながりがくずれてしまうと、その箇所にAGEが付着してコラーゲンが変性して糖化コラーゲンとなり、コラーゲンとしての機能が働かなくなります。すると、健康な美しい肌に大切なハリや弾力が低下してしまい、シワやたるみなどの肌老化をスピードアップさせてしまうのです。

糖化を防ぐ方法


野菜⇒魚・肉類⇒ごはんやパンの順に食べる

食後の血糖値上昇がゆるやかになるGI値の低い食べものを選ぶ

サラダなど食物繊維を多く含む副菜をプラスする

糖質を多く含む食品やジュースをさける
    

まとめ

体の糖化は毎日の生活のなかで少しずつ注意するだけでも糖化を防ぐことにつながります。糖化を防ぐにためには、なによりも食後の血糖値を上げないようにすることが大切です。
食事はお腹がすいたなと思ってから食べるようにして、ドカ食いはせず食べるときにはゆっくりよくかんで食べるようにしましょう。また、食事に気をつけるたけではなく食後に運動すると糖化予防になります。