【首のシワ対策】首のシワは意外と周りに見られてる!首のシワの原因とは?

投稿日:2019年11月12日

【首のシワ対策】首のシワは意外と周りに見られてる!首のシワの原因とは?

投稿日:2019年11月12日

顔のスキンケアはしっかりとしているのに、意外とケアがおろそかになっているのが「首のスキンケア」です。実は首の皮膚は顔の皮膚よりも非常に薄く、乾燥や紫外線などの影響を顔よりも受けやすい部位です。しかし、ほとんどの方が顔のスキンケアはしているけど、首まではそこまでしていない…という方が多いようです。

顔よりも年齢が表れやすい首のシワとは

テレビに出ている年齢を重ねてきた女優さんで、顔の肌はとてもキレイにメイクされて肌もつやつやに見えるのですが、首のシワが目立ってしまいアンバランスな見た目になってしまっている方を見たことがあります。

皮膚の構造は、表面から「表皮 ⇒ 真皮 ⇒ 皮下組織」の順になっています。首の皮膚は真皮層の部分が顔の皮膚の真皮層よりも薄く、そのうえ首の皮膚の真皮層は筋肉に接着していないためシワがでやすくなります。

首のシワの種類には「横ジワ」と「縦ジワ」があり、毎日の生活の中で何気なくしている行動によってできてしまう横ジワと、年齢を重ねていくことによってできてしまう縦ジワがあります。

首にシワができてしまう原因とは?

シワには生まれつきの消えないシワと改善できるシワがあります。改善できるシワは毎日の生活習慣によってできてしまったシワや加齢によってできてしまったシワです。
では、毎日の生活習慣による首のシワの要因とはどのようなものなのでしょうか。

下を向いた前かがみの姿勢

下を向いた前かがみの姿勢が原因でできるシワは、デスクワークをしている方や、スマホを下を向いた前かがみの姿勢で長時間見て操作することが多い10代・20代の若い世代にも多く、首に負荷がかかってしまうため、血行が悪くなることで首がこったり、首の肌にシワやたるみができやすくなります。

乾燥している

首の皮膚は非常に薄くデリケートなので、乾燥する季節やエアコンの風などによって、皮膚の水分が失われてしまうことで首にシワができてしまいます。
首には顔の2倍以上の汗腺があるため、汗をかきやすく潤いが保たれている気がするのですが、汗をかいた分蒸発するときに肌の水分が一緒になくなってしまうため、逆に乾燥しやすくなってしまいます。

紫外線

肌の老化の一番の原因といってもいいほどの紫外線は、肌に乾燥、弾力やハリの低下、シミなどのダメージを与えます。
顔だけ日焼け止めやスキンケアをしてきちんとお手入れをしていても、首のお手入れを怠っていると紫外線がどんどん蓄積されてしまい、シワが深くなってしまうことがあります。

枕の高さが合っていない

枕が高すぎると長時間、あごを引いた状態で首にシワができた姿勢が続きます。するとそのシワが定着してしまうことがあるため、枕を低くしたり、自分に合った高さの枕を使ったりなど、正しい姿勢で眠ることがシワ予防になります。

加齢による新陳代謝の低下

年齢を重ねるごとに低下していく新陳代謝は、肌の真皮層で作られるはずのコラーゲンを作る力も低下させていきます。
コラーゲンが少なくなり肌の水分を保つことができなくなると、肌の弾力やハリも低下していき首の皮膚にシワができてしまいます。

首のシワを改善!自宅で実践できるシワ予防の習慣とは

生まれつきのシワは仕方がないのですが、生活習慣などによってできる首のシワを作らないために、自宅ですぐに実践できる生活習慣の改善が必要です。

1⃣パソコンやスマホの使い方を変える
デスクワークなどの作業で下を向くことが多い方は適度な休憩を入れたり、スマホを長時間見て操作することが多い方は、スマホの画面を目の高さに持ってくることで下を向くことを回避することができます。
また、ストレッチをしたりなど、同じ姿勢で固まった筋肉を緩めることも大切です。

2⃣正しい姿勢になる枕の高さに
現在使っている枕に仰向けで寝たときに、首にシワができていたり、二重あごになっている方は枕が高すぎてあごが引いた姿勢になっています。
仰向けになった時に頭と肩の間にできる首のすき間が埋まるような高さの枕にしましょう。
どんな枕がいいのかわからない場合には、枕の専門店などで相談して選んでもらうことがおすすめです。

3⃣紫外線対策をしっかりする
顔の日焼け止めを塗るときに、首にもたっぷりと日焼け止めを塗るようにしましょう。紫外線は晴れの日だけではなく、曇りの日にも降り注いでいます。
汗をかいたり、時間がたって日焼け止めが取れてしまっていることもあるので、いつでも塗りなおしができるように日焼け止めを携帯しておきましょう。

4⃣首の保湿
顔のお手入れだけではなく、毎日のスキンケアやパックなどをしたり、クリームを塗ってしわ伸ばすように耳の裏から首の真横を通り、鎖骨に向かって軽くさすりながら上から下へとやさしくマッサージをしましょう。

まとめ

首は日常生活で顔と同じように外にさらされており、動かさないということがない部位ということもあるため、シワの改善のためには毎日のケアがとても重要になってきます。

まずは、現在の正しくない姿勢・生活習慣・スキンケアなどを見直すことで、生まれつきのシワ以外のシワを改善することができます。首のシワを予防することで、首の見た目年齢を若返らせることが期待できます!