毛穴の開きは大人女性の悩み。引き締める方法は?

投稿日:2019年8月9日

毛穴の開きは大人女性の悩み。引き締める方法は?

投稿日:2019年8月9日

赤ちゃんの頃はすべすべの肌で毛穴というものがないのでは?と思うような肌だったのに、気になる毛穴の開き
大人女性の多くがエイジングサインとして悩まされている症状の1つが毛穴の開きです。

主に鼻や頬に目立ちやすく、特に鼻の上は角栓が出来たり、毛穴浮きまたは毛穴落ち状態になってしまい、鏡の近くで自分のアップが見れない状態になったりします。

どうして毛穴は開いてしまい、そして目立つようになってしまうのでしょうか?
今回は毛穴について詳しく見ていきましょう。

そもそも毛穴は毛の穴?

毛穴というぐらいだから毛の穴だと思っている人はいませんか?
「毛穴なんていらない。なくていい」と思ってしまうかもしれませんが、実は毛穴には重要な役割があることを知っていますか?

毛穴は私たちの肌の水分蒸発を皮脂分して皮脂膜を作り、水分調整をしてくれる働きがあるのです。
つまり毛穴がないと私たちの肌は常に今以上に乾燥状態になってしまうのです。

顔の毛穴は、他の場所に比べると特別で、洋服などで肌を守ることが出来ない分、毛穴が顔の肌を守ってくれているのです。

毛穴はどうして開いてしまう?

肌を守る役割を持っている毛穴が大事なことはわかりましたが、毛穴が開き目立つこととは別問題です。
ではどうして毛穴は開いてしまうのでしょうか?


その原因には実は様々な事が関係しています。

1⃣皮脂の過剰分泌
保湿を怠っていたり、洗顔がしっかりできていないことで、皮脂が過剰に分泌してします、結果皮脂の出口となる毛穴を広げてしまいます。
また古い角質や汗・ほこりなど肌の汚れが皮脂と混ざると酸化して、毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。

皮脂の過剰分泌は肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

2⃣肌のたるみ
年齢を重ねると肌のハリがなくなってきてしまい、本来丸い毛穴が楕円形のようなしずくのような縦形になってしまいます。
結果毛穴が目立ってしまいます。

指で肌を持ち上げて毛穴が目立たなくなる状態はたるみが原因といえるでしょう。

保湿が不十分で潤いが足りなく、乾燥状態になってしまうとたるみの原因になってしまうので、ケアが重要になってきます。

3⃣ニキビ
ニキビができてしまうと、肌の内部で炎症が起きてしまいます。
するとニキビの周囲のコラーゲンにダメージを与えてしまい、結果肌ゆるみの原因になってしまいます。
またニキビをつぶしてしまった部分にある毛穴は開いたままになっていて、繰り返しニキビの原因になってしまいます。
するとそのクレーターのところに皮脂がたまって毛穴が開いてしまったり、色素沈着することで黒ずみの原因になってしまいます。

4⃣ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスが乱れると毛穴が開きやすくなってしまいます。
特に生理の時になどホルモンバランスが崩れやすい時は皮脂の分泌が活発になってしまうので毛穴の開きの原因となりやすいです。

5⃣ストレス


ストレスを過度に感じている場合は、男性ホルモンが活発になるため皮脂の分泌が増えてしまいます。
またストレスで体は緊張状態となっていて、血行不良となり肌のターンオーバーを悪化させてしまい結果毛穴の開きにつながってしまいます。

他にも睡眠不足や喫煙、紫外線など様々な事が毛穴開きの原因になっています。

毛穴の開きには正しいケアが必要

顔全体には約20万個といわれるほどの毛穴があり、その毛穴から皮脂を分泌して薄い膜を作っています。
この膜は皮膚のバリア機能と保湿機能としての働きがあります。

毛穴を開かせないためには、皮脂膜を壊さないようにしていくことがポイントになっていきます。
その最も重要な点が洗顔・保湿にあるといえるでしょう。

おすすめのケア方法

☆泡で優しく洗顔☆
メイクを落とす場合もクレンジング剤でなじませて落としていきます。
洗顔の基本、たっぷりの泡で優しく皮脂汚れを落としましょう。
たっぷりの泡は、手のひらにのせて、逆さまを向けても落ちない程度の泡の質がおすすめです。

ゴシゴシは絶対に禁物で、泡で落とすイメージで肌に直接触れないようにしましょう。

そして泡が残らないように、優しく丁寧に洗い流しましょう。

1日に何回も洗顔をしたり、スクラブ洗顔などを頻繁に行うのは肌への刺激になってしまうので気を付けましょう。

☆丁寧に保湿☆
洗顔後は優しくタオルで水気をおさえたら、丁寧に保湿をしましょう。
この時も本当に優しくゆっくり肌につけていきましょう。
時間がある時はコットンを利用してコットンパックすることもおすすめです。

保湿ケアにつける量は自分の肌に余らないぐらいの量でつけます。
肌にたくさん浸透させたいからと言って、たくさんつけすぎたりいつまでも手でなじませていると、肌への摩擦になってしまうので注意しましょう。

プラスできることとして、蒸しタオルを顔にのせることもおすすめです。
保湿ケアした成分が温められることで肌に浸透しやすく、また肌の血行もよくなり新陳代謝を活発にしてくれます。

インナーケアで毛穴の開きを予防

過剰な皮脂の分泌を防ぐために、食生活も大切なポイントになります。
一体どんなものを食べるのがいいのでしょうか?

☆乾燥を防ぐビタミンA☆
ビタミンAは肌の乾燥を防いでくれる重要な栄養素です。
ターンオーバーも整えてくれるので、毛穴ケアには必要不可欠な栄養素といえます。

緑黄色野菜に多く含まれているビタミンAを積極的に摂りましょう。

☆皮膚のビタミンといえばビタミンB群☆
皮膚のビタミンといわれるようにビタミンB群には肌が喜ぶ栄養素がたくさんあります。
その中でも毛穴の開きと関係が深い成分は、ビタミンB2とB6です。

これらは皮脂の分泌を調節してくれる栄養素です。
レバーや乳製品・バナナや納豆に多く含まれています。

☆脂質・糖質の代わりに食物繊維☆
脂質や糖質の摂りすぎによって残った脂質・糖質は皮脂の材料になってしまいます。
そのため甘いものや揚げ物は控えめにしましょう。

そして代わりに食物繊維をたっぷりとることをおすすめします。
きのこや海藻類・キウイフルーツなどに多く含まれています。

緊急事態の毛穴開きには

実は毛穴の開きは、開いてしまってからなかったことにすることは難しいことです。
それでも日々の努力で少しでも目立たなくさせることはできます。

しかしながら何とかしたい毛穴の開きになってしまった場合、緊急ケアがあります。
収れん化粧水をプラスすることです。

収れん化粧水とは皮脂の分泌をコントロールして、毛穴や肌を引き締める成分が入った化粧水のことです。
丁寧に保湿をした肌につけていきます。

コットンにとり、気になる部分を優しくパッティングしていきましょう。
余分な皮脂の分泌を抑えてくれるので、毛穴開きの救世主といえるかもしれません。

化粧の時には、毛穴補正効果がある部分用下地クリームなどが役にたちます。
気になる毛穴になじませるだけで、毛穴の開きが気にならない肌へと変身させてくれます。

いかがでしたか?
まずは正しいケアをして、食生活にも気を付けていくことで毛穴の開きに悩むことのない肌を手に入れることが出来るかもしれません。