美肌に欠かせない『ターンオーバー』とは?

投稿日:2019年7月24日

美肌に欠かせない『ターンオーバー』とは?

投稿日:2019年7月24日

肌をキレイに保つためのサイクルを『ターンオーバー』と言います。このターンオーバーが正常な周期で行われることにより、綺麗な肌が保たれています。今回はターンオーバーの仕組みと、周期を正常に保つための方法をご紹介します。

ターンオーバーの仕組み


皮膚は大きく分けて「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層で成り立っています。

表皮は、奥から「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の4つの層で構成されており、基底層で生成された新しい皮膚は28日間かけて角質となり剥がれ落ちます。これがターンオーバーです。

ターンオーバーが乱れて、古い角質が剥がれ落ちていないと、どれだけ高級な美容液や化粧水も浸透しません。

そのため、ターンオーバーが乱れると保湿力が低下し、肌荒れを起こしやすくなります。
その他にも、肌のくすみやざらつき、シミといった肌悩みもターンオーバーの乱れが原因となっていることが多いです。

また、「ターンオーバーが早ければ早いほどいい。」というわけではなく、正常な期間で皮膚が生まれ変わっていることが重要です。

ターンオーバーの乱れは、生活習慣の乱れかも

ターンオーバーの乱れは、主に生活習慣が関係しています。知らず知らずのうちに、ターンオーバーを乱す悪い習慣がついていませんか?

寝不足
ターンオーバーを乱す原因の1つとして寝不足が挙げられます。午後10時~午前2時までのゴールデンタイムにターンオーバーが活発になるため、この時間にしっかりと睡眠をとっていないと、ターンオーバーが乱れてしまいます。

食生活の乱れ
現代人はコンビニご飯や、外食で栄養が偏ってしまったり、無理なダイエットをしている人も少なくありません。このような食生活で栄養バランスが崩れると、お肌のキメも崩れてしまいます。

運動不足
運動不足は、血行が滞り老廃物がうまく排出されないため、ターンオーバーが乱れます。特にデスクワークの方や車通勤であまり歩く習慣がない方は積極的に運動することを心がけましょう。

便秘
腸は健康の要と言われているほど、身体の中でも重要な役割を果たしています。腸内環境が悪いと、老廃物排出されにくくなり栄養が吸収出来なくなってしまうためターンオーバーが遅くなります。

その他にも、この季節は強い紫外線を浴びていたり、冷たいものの摂り過ぎによる身体の冷えなど、様々な要因がターンオーバーの乱れを促しています。

ターンオーバーを正常化するには

肌の状態と生活習慣は密接な関係にあり、生活習慣を改善することで、ターンオーバーは正常な状態に近づくことができます。

食生活の改善

美肌を作る『タンパク質』と『ビタミン類』を摂取する

美肌のためには、栄養バランスの整った食事を毎食心がけることはもちろん、タンパク質とビタミン類の食材を取り入れるといいでしょう。

  ビタミンB2(皮膚や髪などの細胞を再生を助ける働き)
   緑黄色野菜、牛乳、卵、豆類など

  ビタミンA(皮膚の粘膜を健康に守り、抵抗力を強める働き)
   乳製品(牛乳、バター、チーズなど)、にんじん、かぼちゃ、うなぎ、レバーなど

  タンパク質(体内の細胞を作る)
   肉類、魚介類、乳製品、卵など

腸内環境を整える食品を摂取する

腸内環境を整えることによって、老廃物を排出しやすくなるだけでなく必要な栄養素を吸収しやすくなります。毎日の食生活では、善玉菌を増やす食材や、善玉菌のエサとなる食材を積極的に摂るようにしましょう。

 <善玉菌を増やす食材>

  発酵食品(ヨーグルト、納豆、みそ、チーズ、キムチ など)

 <善玉菌のエサとなる食材>

  食物繊維を多く含む食品(いも類、穀物、豆類、海藻、キノコ、根菜、こんにゃく など)
  オリゴ糖を多く含む食品(たまねぎ、キャベツ、ごぼう、アスパラガス、ネギ、大豆、牛乳、バナナ など)

生活習慣の改善

睡眠時間の確保と質の向上

午後10時~午前2時までのゴールデンタイムを含めて合計7時間の睡眠を取ることが理想ですが、仕事や家事、育児をしているとなかなか難しいですよね。
そんな時は、まずは睡眠の質を上げることから始めてみましょう。

<睡眠の質を上げるには>
 ・シャワーだけではなく湯舟に浸かる
 ・就寝直前の食事とアルコールは避ける
 ・寝る前1時間はパソコンやスマートフォンなどブルーライトを発するものを見ない
 ・出来るだけ毎日同じ時間帯に寝る

運動不足を解消する

適度な運動は血行や新陳代謝を活性化させるため、肌のターンオーバーも促進されます。特にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめで、1日30分程度で十分ですが継続することが大切です。
いきなり運動を生活に取り入れるのは難しいという方は一駅歩いてみたり、階段を積極的に使うところから始めるのも有効です。

ストレスを溜め込まない

ストレス社会と言われる現代ですが、ストレスを溜め込んでいると自律神経が乱れ、ターンオーバーの乱れにも影響してきます。
運動をしたり、カラオケに行ったり、ストレスの解消方法は人それぞれかと思いますが、自分なりのストレス解消法を見つけておくといいでしょう。
また、現代人はSNSなどによるデジタルストレスを抱えているとも言われています。1日パソコンやスマートフォンを触らずに生活してみるのもいいかもしれません。

スキンケア

紫外線のケアをする

紫外線を浴びすぎるとターンオーバーが正常に行われなくなります。ターンオーバーが乱れている時に長時間紫外線を浴びると、肌にダメージを与えシミができやすくなります。

この時期は、レジャーやスポーツなど外で活動する時間が増える季節です。最近では、日焼け止め特有のべたつきが少ないものや、日よけグッズ(日傘やアームカバーなど)もデザイン性のあるおしゃれなものが販売されているので、紫外線対策を万全にしてから外に出るようにしましょう。

肌の保湿はしっかりと

ターンオーバーを正常に保つためには、保湿がとても大切です。そのため、化粧水を選ぶ際にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど角質層の水分を蓄える成分が入ったものを使用するといいでしょう。

また、肌の擦り過ぎは厳禁です。クレンジングや洗顔、化粧水を付けるときには肌にダメージを与えないように優しく行うことが重要です。特に角質ケアのピーリングは多くても週1回、肌に優しいものを使用しましょう。

ターンオーバー促進にはプラセンタが有効!

プラセンタには、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなど美肌のための栄養素が豊富に含まれています。

中でもプラセンタ特有の成長因子は新陳代謝を高めてターンオーバーを促進させてくれる美肌の強い味方です。
生活習慣の改善とプラセンタでターンオーバーを正常な周期に戻し、美肌を保っていきましょう!