バストアップに期待ができる方法とプラセンタサプリの関係は?

投稿日:2019年7月3日

バストアップに期待ができる方法とプラセンタサプリの関係は?

投稿日:2019年7月3日

バストに悩む女性は本当に多い!

外見の女性らしさの象徴ともいえるのが バスト です。

このバストに悩む女性は多く、バストの形だったり乳輪の大きさや色など様々ですが、その多くはサイズで悩んでいます。
サイズといっても大きい人は大きいなりに悩みになってはいるようですが、切実な悩みとしてサイズが小さいことです。

女性らしい体=バストが大きい(またはある程度の大きさ)この定義が根強くあります。

日本人のバストサイズのデーターとしては平均B~Cカップといわれていますが、男性からの理想のバストサイズはC~D,Eカップとなっています。

これらの定義や男性の理想を含め、多くの女性が悩まされ、豊胸手術に踏み切る人が多数います。

バストアップできる方法は豊胸しかない?!

確実にバストサイズがアップする方法といえば豊胸手術しかないようです。

豊胸手術といえば胸の中に生理食塩水の入った豊胸バックを入れるとイメージがすぐに頭に浮かびます。
これが現在の美容整形の豊胸手術の中でも1番有効的で人気の施術だそうです。

豊胸バックが破れるなどの心配もありますが、近年では破れて生理食塩水が流れ出てしまうことはなくなったようですが、乳がん検査で必須のマンモグラフィーは受けることが困難です。
万が一受けることが出来たとしても、十分な内容での検査にはならないので注意が必要です。

もう一つバストアップできる確実な方法が、ヒアルロン酸注射や脂肪注入です。
ヒアルロン酸注射の場合はバストアップを維持するために、打ち続けなくてはなりません。
また脂肪注入も、使える脂肪が決まっているため簡単に行うことが出来ないようです。

どちらとも胸の中に注入する方法のため、組織が石灰化したり、しこりとなってしまう場合があるのでリスクとして知っておくべきことでしょう。

バストアップといえばプエラリア・ミリフィカのサプリが有名

豊胸手術やヒアルロン酸注入や脂肪注入などの施術は不安という方が、次に期待するのはバストアップサプリではないでしょうか?
バストアップサプリと言えば プエラリア・ミリフィカが配合されているサプリが有名ですが、実は今この成分に注意喚起がされています。

プエラリア・ミリフィカという成分は女性ホルモンと同様の働きをする植物性エストロゲンを含んでいます。
同じ植物性エストロゲンで有名なのは大豆イソフラボンですが、その大豆イソフラボンの1万倍も強い成分といわれています。

近年このプエラリア・ミリフィカが配合されているバストアップサプリを摂取することで、副作用に悩まされている人が増加しているため注意喚起されています。

摂取する多くの人はバストアップしたいという願いから購入をして飲み続けることで、腹痛や生理が止まったなど様々な副作用に悩まされることになったそうです。

正しいバストアップ法はあるのか?

施術や、バストップサプリに頼らずどうやってバストアップしていくのがいいのでしょうか?

ここでは正しいバストアップ法を紹介していきます。
でもまずはその前にバストアップする仕組みを知っていきましょう。

バストアップする仕組み

バストは1割の乳腺と9割の脂肪でできています。
乳腺を守るために脂肪が周りについていますが、乳腺が増殖・発達していくとその周りの脂肪も同じように増えてバストサイズがアップするという仕組みです。

脂肪が9割だから脂肪を付ければいいと安易に思ってはダメです。
確かにはじめから脂肪がない人よりも、一度でもふくよかになったほうがバストサイズが大きいということもありますが、ふくよかのままでアンダーバストまで大きくなってしまうとバスト自体の大きさはあまり大きくならないでしょう。

乳腺を発達させることが重要なポイントになります。
これがまさにバストアップする仕組みといえるかもしれません。

バストアップする方法 食生活の改善

バストアップに必要な成分として女性ホルモンが重要であると紹介しましたが、その女性ホルモンの分泌を弱めてしまうのがジャンクフードやお菓子・油物といったものです。
逆にバストアップに欠かせない栄養素としてタンパク質があります。
タンパク質を多く含んでいる食べ物といえば、納豆や豆腐、鶏肉やチーズなどがあります。

また女性ホルモンと似た作用があるといわれている植物性エストロゲンを含んでいる大豆イソフラボンも積極的に摂るべき成分です。


キャベツやナッツ類、海藻類などに含まれているボロンという成分も注目されていて、エストロゲンの分泌を促してくれる優秀な成分です。
しかも 胸だけの脂肪を増やしてくれるという、まさにバストアップに欠かせない成分です。

今の食生活を見直し改善していくだけでバストに嬉しい変化が起こるかもしれません。

バストアップする方法 マッサージや体操

巷では様々なバストマッサージや体操があります。
マッサージや体操をするときに、重要なポイントとして入浴中がおすすめです。

湯船につかり、体が温まることで、血行が良くなりリンパの流れもよくなります。
すると女性ホルモンの分泌もよくなりバストアップ効果に期待ができます。

忙しい毎日や、暑い夏はシャワーで済ましてしまうことが多いでしょうが、それでは体が温まっておらず、いいことはありません。
日々の疲れをとることもできるため、ゆっくり湯船につかることが重要です。

マッサージや体操では、バストを元の位置に戻してあげることを意識して行うといいでしょう。
二の腕や背中の肉、おなかの肉をバストに向かいマッサージしていくだけで、バストアップに期待ができます。

バストップする方法 規則正しい生活

当たり前のような見出しですが、やはり規則正しい生活が私たちの身体にとって最も重要な事といえるのではないでしょうか?
規則正しい生活の中には、先に述べた食生活の改善も含まれていますが、ここでは主に睡眠についてです。

現代の忙しい女性にとって、睡眠時間の確保は非常に難しい問題となっていますが、やはり6~8時間ぐらいしっかり睡眠することが出来るといいですね。
また美容にもよいとされるゴールデンタイムといわれる22時~翌朝2時までの間に睡眠できると、ホルモンの分泌によって嬉しい結果につながるといわれています。

睡眠時間が少ないことで、疲れやストレスが溜まってしまうと、血の巡りが悪くなってしまいます。
すると女性ホルモンの分泌も鈍くなってしまうので、バストアップではなく、逆に胸の脂肪が減ってしまいバストダウンになってしまいます。

しっかり睡眠をとる必要があることを理解しましょう。

プラセンタサプリはバストアップ効果に期待できる?

バストアップする方法をいくつか紹介しましたが、実はそこにプラスするとよりバストアップに期待できるといわれているのがプラセンタサプリです。
サプリと聞くと、バストアップサプリのプエラリア・ミリフィカが配合されているものを思い浮かべてしまうかもしれませんが、そのサプリとは違います。

プラセンタサプリは副作用として報告されている事例はほとんどありません。

バストアップには乳腺を育てる必要があり、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが必要となります。
どちらかが多すぎたり、どちらかが少なすぎたりではダメなんです。

2つのホルモンのバランスが大事になってきます。
プラセンタには薬理作用としてホルモン調整作用があり、バランスを正常へと導いてくれます。

もちろんバストアップだけへの期待ではなく、美容面でもプラセンタ成分は期待の成分として人気です。
バストアップして見た目も美しく若返ることに期待ができるプラセンタサプリは一緒に摂取することをおすすめします。